協会会員サービスの個人情報漏洩と対応策について

協会会員サービスの個人情報漏洩と対応策について

協会会員で駐車場マッチングサイト「軒先パーキング」を運営する軒先株式会社が8月26日、不正アクセスによるお客様情報流出に関するお知らせを掲載いたしました。本件を受けまして、シェアリングエコノミー協会より軒先株式会社へ状況のヒアリングを行い、協会会員に向けたセキュリティ対策の徹底と強化についてアナウンスいたしました。

以下、この度の個人情報漏洩に関する原因および協会が推進する今後の対策についての説明です。

不正アクセスが起きた原因

システムの脆弱性をついた不正アクセスによるものです。DB(データベース)サーバ内の会員情報が流出したわけではなく、WEBサイト上でデータをやりとりする過程において、外部からの不正アクセスが行われた形になります。
軒先パーキングによるFAQ

協会が推進する対応策

1. 保険に加入する

リスクを軽減させるために「個人情報漏洩保険に加入」することをお勧めいたします。システムの脆弱性をついた不正アクセスなど、万が一個人情報が流出してしまった場合、多額の損害賠償や事故対応を含めた見舞金費用などが発生します。協会会員の三井住友海上火災保険株式会社が提供する「サイバー保険」などございますので、協会事務局までお問い合わせください。詳細をご案内いたします。

2. セキュリティ対策を実施する

IPA(情報処理推進機構)が重要なセキュリティ情報を注記していますので、必ず対応するようにしてください。
以下が具体的な方法と手順です。
公開Webサイトの運用におけるセキュリティ対策

安心安全で健全なプラットフォーム運営

シェアリングエコノミー協会は、国内のシェアリングサービスのプラットフォーム事業者が、安心・安全かつ健全な運営を目指しながら普及できるよう、シェアリングエコノミーの推進活動を行っています。今一度、各協会会員の皆さまにセキ ュリティ対策の徹底をお願いするべく、会員への告知および本サイトでのご報告をいたしました。