【開催レポート】シェアエコ政策動向 定期報告会

【開催レポート】シェアエコ政策動向 定期報告会

2019年6月 27日 Nagatacho GRID にて、シェアエコ×政府の 政策動向〜報告・相談会を開催致しました。

シェアリングエコノミー協会では設立以来、シェアリングエコノミーの政策推進や、行政と協働をしながら市場の環境整備に取り組んでまいりました。

昨今ではシェアリングエコノミーに関する超党派の議員による勉強会が発足され、また、先日5月14日に発表された自民党『「令和」時代・経済成長戦略』にシェアリングエコノミーの推進が記載されるなど注目はもちろん、動きが加速しています。

そこで今回は、会員の企業のみなさまに向けて、公共政策に関する活動報告とともに、政府動向について共有させていただく「シェアエコ政策動向 定期報告・相談会」を行いました。

プログラム

事務局長 の 石山アンジュ 氏 より
シェアリングエコノミー協会の公共政策活動報告

 

内閣官房 シェアリングエコノミー促進室 企画官 高田裕介 氏 より
シェアリングエコノミーの政策・政府動向について

 

シェアリングシティ統括マネジャー  積田有平 氏 より
シェアリングシティ活動報告 – 地方創生 × シェアリングエコノミーの動向について

 

税制委員・税理士 矢冨健太朗 氏より
プラットフォーム × 税制の動向について

認証制度 担当 二宮秀彰 氏より
安心安全の取り組み〜認証制度と国際標準化の動向について

 

今後ともさらなる発展に向けて活動して参りますので、引き続き当協会をよろしくお願い致します。