情報通信総合研究所作成、2022年シェアリングエコノミー市場調査レポート連載のご紹介

情報通信総合研究所作成、2022年シェアリングエコノミー市場調査レポート連載のご紹介

2022年1月、株式会社情報通信総合研究所と共同で、日本のシェアリングサービスに関する市場調査について公表しました。

▼2020年シェアリングエコノミー市場調査に関するお知らせ
https://sharing-economy.jp/ja/20220118

本記事では、情報通信総合研究所 主任研究員の山本悠介氏が、「アンケート調査結果を詳細に分析した報告書及びデータ集」を元に執筆された、連載レポートをご紹介します。

 

2022年7月28日掲載
着実に成長するシェアリンングエコノミーは デジタル田園都市国家構想のキーファクター
https://www.icr.co.jp/newsletter/wtr400-20220728-yamamoto.html

 

【株式会社情報通信総合研究所】
https://www.icr.co.jp/
情報通信専門のシンクタンクとして、1985年6月に、国内外の情報通信に関する調査・研究を専門とするシンクタンクとして設立されました。固定通信や移動通信、インターネット・ICT、通信と放送の融合から地域の情報化など、情報通信関連の調査研究、コンサルティング、マーケティング、出版事業などの活動を展開しています。