【開催レポート】シェアリングエコノミー協会 MEET UP Vo.13

【開催レポート】シェアリングエコノミー協会 MEET UP Vo.13

2022年5月10日、シェアリングエコノミーの最前線を体感できるイベント『MEET UP vol.13』を LIFORK大手町 で開催。会員企業や会員自治体をはじめ150名の方に参加申し込みいただき、約3年ぶりとなるリアルとオンラインのハイブリッド形式で実施することが出来ました。

開演の挨拶

まず始めに、4月より代表理事に就任した 石山より開演の挨拶。

第1部トークセッション
「上場企業3社の代表が話す、コロナ禍でも事業成長させた秘訣」

パネリスト

株式会社スペースマーケット 代表取締役社長 重松大輔氏

株式会社ココナラ 代表取締役会長 南章行氏

株式会社マクアケ 代表取締役社長 中⼭亮太郎氏

モデレーター

協会 代表理事 / 株式会社ガイアックス 代表執行役社長 上⽥祐司氏

コロナウイルスのパンデミックにて、大きなダメージを受けたシェアリングエコノミー事業がある中、着実に進歩を遂げた上場企業3社の代表によるディスカッション。どのように課題を乗り越えてきたか、今後どのような展望を描いているか、モデレーターの上田が各社の事業成長の秘訣を深掘りしていきました。

第2部トークセッション
「経営課題を解決するハイエンド⼈材の活⽤法 〜スキルシェアはハイエンドから〜」

パネリスト

ニューホライズンコレクティブ合同会社 代表 山口裕二氏

アクシスコンサルティング株式会社 常務取締役 伊藤文隆氏

株式会社つなげーと 代表取締役 鈴木一郎氏

モデレーター

協会 代表理事 石山アンジュ

副業解禁の流れを受け、大手企業を含む人材の外部活用が可能になり、その中でも経営課題に対し「即戦力」となる、大手企業出身のハイエンド人材の活用が今後特に重要となってきています。

本セッションでは、電通社員が立ち上げた「ニューホライズンコレクティブ合同会社」の事例をご紹介いただきながら、ハイエンド人材の利活用について、どのような社会になっていくか深掘りしていきました。

グラレコ作成
シェアリングエコノミー協会公認アンバサダー とんぷさん

 

交流会

株式会社タスカジ 代表取締役 和田幸子氏に乾杯のご挨拶をいただき、交流会を開催しました。

 

ご参加いただいた皆さまありがとうございました。

 

協会では定期的にこのような最新情報が学べるイベントや、会員企業様同士が交流出来る機会を提供させていただいてます。

活動に興味のある方は以下までお問い合わせくださいませ。

シェアリングエコノミー協会 事務局
info@sharing-economy.jp