シェアリングエコノミー認証マーク

SHARING ECONOMY TRUST MARK

シェアリングエコノミー認証マークは、
そのサービスが内閣官房IT総合戦略室がモデルガイドラインとして策定した
「遵守すべき事項」を基に、シェアリングエコノミー協会が設定した
自主ルールに適合していることを示すものです。

マッチングプラットフォームとしてあるべき機能を備えた、
信頼できるオフィシャルなサービスとして、パートナー、自治体、
そして世界にアピールいただけます。

ELIGIBILITY & BENEFITS
申請資格とメリット

本社所在地が日本国内で、かつ主幹部門・部署が国内に存在し、シェアリングエコノミーのマッチング(CtoC)プラットフォーム事業を提供する事業者(※1)であれば、シェアリングエコノミー協会の会員・非会員問わず申請が可能です。認証マーク付与は、サービス単位となります。

シェアリングエコノミー認証マークを取得することで生じる活用メリットは以下の4点です。

  • 01一定程度の安全・安心の仕組みが担保されたサービスとして差別化が図られる
  • 02シェアリングエコノミー認証取得事業者向け保険を割引価格で受けられる(※2)
  • 03地方自治体に対して当協会から提携・連携候補事業者として優先的に推薦される
  • 04国際標準化を視野に、日本発のシェアリングビジネスの海外展開に寄与する
(※1) n対nのビジネスであればCtoCでなくても可。また、シェアサイクル事業などBtoCを展開する事業者も認証委員会にて申請資格を承認される場合もあります。申請資格の可否については、当協会までお問い合わせください。
(※2) 保険商品の取り扱い企業や内容の詳細に関しては、当協会までお問い合わせください。

HOW MARK WORKS
マークのしくみ

出来る限り申請者の負担を軽減する、スタートアップフレンドリーな仕組みとなっています。原則、新たな書面作成は不要。サービス画面のスクリーンショットデータ、利用規約データを提出してもらいますが、ヒアリング項目のチェックについては、審査員が口頭で丁寧に確認しながらドキュメント化します。

費用については以下となります。

一般価格

初回審査 サーベイランス審査
【1年目】
サーベイランス審査
【2年目】
サーベイランス審査
【3年目】
申請料 5万円
審査基本料 7万円
審査料 7万円 7万円 7万円 7万円
登録料 3万円 3万円 3万円 3万円
登録証発行料 3万円 3万円
ロゴマーク発行料 3万円(※1)
合計 28万円 10万円 10万円 13万円

(消費税別)

会員特別価格

会員特別価格として、初回審査費用が15万円になります。

初回審査 サーベイランス審査
【1年目】
サーベイランス審査
【2年目】
サーベイランス審査
【3年目】
申請料 5万円(※2)
審査基本料 無料
審査料 7万円 7万円 7万円 7万円
登録料 3万円 3万円 3万円 3万円
登録証発行料 無料 無料
ロゴマーク発行料 無料
合計 15万円 10万円 10万円 10万円

(消費税別)

(※1) スタートアップ・中小企業応援キャンペーン : 当協会の会員ではない企業のうち、従業員数50名以下又は資本金1億円以下で、未上場の企業については、2017年7月末の申請分までは、ロゴマーク発行料3万円を無料とします。
(※2) 会員スタートアップ応援キャンペーン : 当協会の会員のうち、従業員数50名以下又は資本金1億円以下で、未上場の企業については、2017年7月末の申請分まで申請料を無料とします。