シェアリングエコノミー協会では、「熊本地震災害支援」を行う協会会員の取り組み一覧を本ページにてご案内いたします。日頃より“共助の精神”によるシェアリングエコノミーの普及活動を行う協会では、シェアリングエコノミーを通した災害支援の活動を推進しています。被災された方々、ボランティアに参加される方々のご支援として、下記のシェアリングエコノミー事業・サービスを是非ご活用ください。

おもなサービス一覧

  1. ライドシェア(乗り合い)サービス
    1. notteco(のってこ!)
  2. キャンピングカー無償貸出サービス
    1. notteco(のってこ!)
  3. 一部駐車スペース無料サービス
    1. 軒先パーキング
  4. 災害支援募金を募集するサービス
    1. Makuake(マクアケ)
    2. STEERS(ステアーズ)
    3. クラウドワークス
    4. ココナラ

 

1. ライドシェア(乗り合い)サービス

notteco(のってこ!)

スクリーンショット 2016-04-21 18.06.03

ボランティアで被災地に向かう方々、被災地での移動手段を探している方々、被災地から移動される方々を対象にしたライドシェア(乗り合い)サービスです。ライドシェアで渋滞緩和や駐車場不足の緩和を推進します。
震災関連でご利用のライドシェア費用(※)はnottecoが負担いたします。熊本県による有料道路の無料措置も始まりました。

notteco 熊本地震災害支援ページ

2. キャンピングカー無償貸出サービス

notteco(のってこ!)

スクリーンショット 2016-05-06 13.38.54

こちらもnottecoの特設ページです。
熊本地震の被災地の車中泊、テント宿泊世帯、避難所の乳幼児がいる世帯、ボランティア宿泊者向けにキャンピングカーを無償にて貸し出しいたします。同時に、キャンピングカーを提供してくれる方も募集しています。

キャンピングカー無償貸出協力募集ページ

3. 一部駐車スペース無料サービス

軒先パーキング

スクリーンショット 2016-04-22 15.14.04

軒先パーキングでは、熊本地震により被災された方やボランティア関係者らを対象に、一部駐車スペースを無料で提供しています。被災地へ物資を運搬する震災支援関係者らの車両、ボランティア人員を移送する車両など駐車スペースを確保するための駐車場を案内しています。

一部駐車スペースの無料提供サービス

4. 災害支援募金を募集するサービス

Makuake(マクアケ)

スクリーンショット 2016-05-06 13.49.49

Makuake(マクアケ)に寄せられた支援金は、被災された方々の支援を目的として、地方自治体などを通じて被災地に寄付されます。支援金コースは1,000円から1,000,000円までとなっています。支援者へのリターンは、お礼のメールと活動報告です。

熊本・大分地震災害支援募金

 

STEERS(ステアーズ)

スクリーンショット 2016-05-06 13.55.37

STEERS(ステアーズ)では、販売される全Tシャツの売上の1%を熊本県庁「平成28年熊本地震義援金」に寄付します。対象期間は4月14日から6月23日までとなっています。

 

クラウドワークス

スクリーンショット 2016-05-06 14.01.11

クラウドワークスでは、『被災者支援オプション』の提供を開始。クライアントが発生時にこのオプションを選択すると「被災者支援オプションの料金分全額」が寄付されます。また、クラウドワーカーが「被災者支援オプション付きのお仕事」を契約すると「1案件につき500円が寄付されます。寄付金は、クラウドワークスから日本赤十字社の平成28年熊本地震災害義援金を通じて寄付されます。

 

ココナラ

スクリーンショット 2016-05-06 15.02.18

ココナラでも、被災地支援のための募金を受け付けています。日本赤十字社を通じて、被災地へ寄付されます。

【ココナラ公式】熊本地震災害支援募金

協会概要

名称 一般社団法人シェアリングエコノミー協会
所在地 東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID(株式会社ガイアックス内)
理事 代表理事 上田祐司(株式会社ガイアックス)
代表理事 重松大輔(株式会社スペースマーケット)
理事 甲田恵子(株式会社AsMama)
理事 角田千佳(株式会社エニタイムズ)
理事 南章行(株式会社ココナラ)
理事 吉田浩一郎(株式会社クラウドワークス)
理事 中山亮太郎(株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディング)
協会ウェブサイト https://sharing-economy.jp/