一般社団法人シェアリングエコノミー協会(代表理事 上田祐司、重松大輔。以下「当協会」)と賛助会員の東京海上日動火災保険株式会社(取締役社長 北沢利文)は、2016年7月よりシェアリングエコノミー協会会員でシェアリングサービスのプラットフォーム事業者を対象に、シェアリングエコノミーの提供サービスの種類ごとに商品設計した専用賠償責任保険を、協会サービスとして販売開始することといたしました。

開発の背景

総務省の「平成27年版情報通信白書」によると、2013年は約150億ドルだった世界のシェアリングエコノミー市場は、2025年には約3,350億ドル規模に成長する見込みです。シェアリングエコノミーの普及に伴い、これまで企業が提供していたサービスを個人が気軽に提供できる社会になりました。遊休資産を活用し誰もが参入できるサービスであるため、人々が安心して取引が行われるように、プラットフォーム事業者は様々な対策を講じています。シェアリングエコノミーの健全な発展を目指す当協会とその理念に賛同する東京海上日動火災保険株式会社は、安心安全なシェアリングエコノミー事業を推進すべく、シェアリングサービスに特化した専用賠償責任保険の協会制度を立ち上げることといたしました。

新商品の概要

新商品は、子育て、家事代行、ペットシッター、料理教室を始めとするスキルシェアのサービスのプラットフォームを運営する事業者(シェアリングエコノミー協会会員企業)と実際にサービスを提供する個人の両方を補償の対象とし、サービス提供に伴う対人・対物事故が生じた際に負う法律上の賠償責任を補償する商品です。

イメージ図

※自動車、原動機付自転車または航空機の所有、使用または管理により生じた損害については、保険金をお支払いできません。

マッチング(1回の利用)あたりの保険料(提供するサービス内容により異なります)をご提示するため、実際にマッチングの利用があった分だけ保険料を支払うことができる、無駄のない設計となっております。また、プラットフォーム事業者独自の要請に合わせて、補償の内容等を個別にカスタマイズすることが可能です。

今後の対応について

当協会と東京海上日動火災保険株式会社は、当商品のスキルシェア以外の領域への拡大検討をはじめ、今後も安心安全なシェアリングエコノミー事業の推進に貢献してまいります。

お問い合わせ先

一般社団法人シェアリングエコノミー協会事務局
Eメール: info@sharing-economy.jp
担当:佐別当(さべっとう)、桜井

協会概要

名称 一般社団法人シェアリングエコノミー協会
所在地 東京都品川区西五反田1-21-8(株式会社ガイアックス内)
理事 代表理事 上田祐司(株式会社ガイアックス)
代表理事 重松大輔(株式会社スペースマーケット)
理事 甲田恵子(株式会社AsMama)
理事 角田千佳(株式会社エニタイムズ)
理事 南章行(株式会社ココナラ)
理事 吉田浩一郎(株式会社クラウドワークス)
理事 中山亮太郎(株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディング)
協会ウェブサイト https://sharing-economy.jp/

メールマガジン登録

Powered by Campaign Monitor