シェアリングエコノミー協会会員のAirbnb(エアビーアンドビー)は現在、無料で緊急宿泊場所を提供しているホストを紹介しています。これは4月14日の夜、最大震度7の激しい揺れを観測した「熊本地震」の被災者支援の取り組みです。
また、2016年4月14日から20日の期間内にチェックインした被災者は、全サービス料が免除されます。

スクリーンショット 2016-04-15 16.43.30

特設ページに紹介されている緊急宿泊場所提供件数は、熊本市や福岡市など4月15日17時現在24件。引き続き、緊急宿泊場所を提供するホストを呼びかけています。

Airbnbの緊急災害支援の取り組みは、米国のホストがハリケーン被災者に支援を行ったのが始まりです。
2012年10月に発生したハリケーン「サンディ」被災者に対し、ニューヨークのホスト1,400人が家を開放し、食事を提供しました。この善意の活動はAirbnbのコミュニティを通して世界に広がり、今回日本で起きた「熊本地震」でも緊急災害支援に生かされています。

協会概要

名称 一般社団法人シェアリングエコノミー協会
所在地 東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID(株式会社ガイアックス内)
理事 代表理事 上田祐司(株式会社ガイアックス)
代表理事 重松大輔(株式会社スペースマーケット)
理事 甲田恵子(株式会社AsMama)
理事 角田千佳(株式会社エニタイムズ)
理事 南章行(株式会社ココナラ)
理事 吉田浩一郎(株式会社クラウドワークス)
理事 中山亮太郎(株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディング)
協会ウェブサイト https://sharing-economy.jp/