【8/24(水)15:00-16:30】 シェアリングシティカレッジ第4回 〜シェアリングエコノミーで地域の関係人口を増やす〜

【8/24(水)15:00-16:30】 シェアリングシティカレッジ第4回 〜シェアリングエコノミーで地域の関係人口を増やす〜

シェアリングエコノミー協会では、官民を挙げてシェアリングエコノミーサービスを活用し、地域課題解決に取り組む都市をシェアリングシティとして推進しています。

この度、さらなる事例創出を目的として「シェアリングシティカレッジ」を開講し、シェアリングエコノミー活用による官民連携事業創出事例をケーススタディとして学び、新たな事例創出を目指します。

第4回のテーマは、「シェアリングエコノミーで地域の関係人口を増やすです。

人口減少局面における日本の社会において、他の自治体から人口を奪い合う戦略ではなく、地域を超えた関わりや関心の深度を高めることによる、いわゆる関係人口の取り組みは国をあげて全国の自治体戦略に取り入れられています。

全国で様々なコミュニティが立ち上がりましたが、それらの活動を継続的に繋いでいき、今後さらに発展していくことが必要です。真の関係人口創出には、官民連携によるコミュニティ形成が大切であり、個人と個人が地域を超えてつながる仕組みの創出や、各地域の活動を、地域を超えて発信する仕組みの創出が不可欠であります。

全国の事例を学びながら、それぞれの地域で魅力あるコミュニティ創出の可能性を探っていきたいと思います。

開催概要

  • 主催:一般社団法人シェアリングエコノミー協会
  • 日時:8月24日(水) 15:00〜16:30
  • 開催方法:オンライン(zoom・申込者に事前にメールにて連絡します)
  • 内容:シェアリングエコノミーで地域の関係人口を増やす
  • タイムスケジュール

   15:00 趣旨説明 事務局長 鏡晋吾(5分)

   15:05 基調講演① 国土交通省 国土政策局 総合計画課 地域・移転班 課長補佐 渡部 洋己氏(5分)

   15:10 面白法人カヤック ちいき資本主義事業部 事業部長 中島 みき氏(15分)

   15:25 パネルディスカッション(50分)

    ・株式会社おてつたび 代表取締役 永岡 里菜氏

    ・株式会社AnyWhere 代表取締役 斉藤 晴久氏

    ・長野県立科町 企画課地域振興係長 上前 知洋氏

   16:15 質疑応答

   16:30 終了

【参加資格】

      • シェアリングシティ推進協議会自治体会員(シェアリングシティ推進協議会へご入会いただくことで本カレッジに参加できます)
      • シェアリングエコノミー協会法人会員
  • シェアリングシティ推進協議会への入会についてはこちらをご覧ください。

【参加費】

無料

【参加方法】

下記フォームより申請ください。

申請いただいたメールアドレスに事前に参加URLをお送りします。

申込フォーム:https://forms.gle/TJkxzpn4YDcvmN5E7

フォームでの申請が難しい方は、以下のメールアドレスに必要事項をご記入の上送信ください。

(メールのタイトルを「シェアリングシティカレッジ参加」と記載してください)

メール: city@sharing-economy.jp

必要事項:

  • 自治体名・企業名
  • 所属部署
  • 肩書き
  • お名前
  • 電話番号

基調講演①

渡部 洋己氏

国土交通省 国土政策局 総合計画課 地域・移転班 課長補佐

基調講演②

中島 みき

面白法人カヤック ちいき資本主義事業部 事業部長

大阪市生まれ。広告代理店を経て、2006年オーバーチュア株式会社、2008年よりヤフー株式会社に入社。

2013年より同社マーケティング本部長として、ヤフー広告サービスの「売れる仕掛けづくり」を担う。20184月よりPayPay株式会社の立ち上げに参画、「100億円あげちゃうキャンペーン」を企画運営。20197月カヤックLiving 代表取締役。現在、面白法人カヤック ちいき資本主義事業部 事業部長として、移住スカウトサービス「SMOUT」、使えば使うほど仲良くなるお金「まちのコイン」を運営。

国土交通省「ライフスタイルの多様化と関係人口に関する懇談会」委員。内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局「地方創生テレワーク推進に向けた検討会」委員。

パネルディスカッション

永岡 里菜

株式会社おてつたび 代表取締役

斉藤 晴久

株式会社AnyWhere 代表取締役

上前 知洋

長野県立科町 企画課地域振興係長

鏡 晋吾

シェアリングシティ推進協議会 事務局長