山口県

  • 最終更新日:

基本情報

自治体名:山口県
都道府県:山口県
自治体規模:都道府県
自治体HP:https://www.pref.yamaguchi.lg.jp

シェアリングエコノミー活用の取り組み

概要

【その他】

空地を活用したフードトラックプラットフォーム「TLUNCH」を利用して、山口県の魅力をPRするフードトラックの事業化を協働。首都圏において山口県産品の売り込みや情報発信の実証実験を実施。

取組主体:株式会社Mellow、株式会社YMFG ZONEプラニング、山口県

導入前の状況 (課題)

  • 山口県が有する地域資源について、効果的に情報発信を行い、認知度や関心を高めたい
  • 山口県産品を「買ってもらう」「食べてもらう」を起点とした山口県事業者と大都市圏消費者との接点を創出したい
  • 山口県産の食材を活用したメニュー開発と農産物の消費機会を拡大したい
  • 県内事業者の販路を拡大し県内事業者の所得拡大を図りたい

課題に対する取組

  • 使われていないビルの空地に、様々なフードトラックを日替わりで出店するようマッチングし、日常的ににぎわいのあるランチスペースを創出するフードトラックプラットフォーム「TLUNCH」にて、山口県長門市の「長州どり」を使用した煮込み料理を提供するフードトラックを期間限定展開。首都圏のオフィスワーカーへの接点として活用した。
  • 存在感を放つフードトラックをの空きスペースを活用して、山口県産品の展示や魅力を発信した。
  • フードトラック900店との提携ノウハウを活用したフードトラックの販促支援。
  • 山口県産の食材を使用したランチの販売状況やニーズを把握し、事業化に向けた可能性を検証。
  • 地域商社やまぐちの取扱商品や山口県内市町等の特産品を展示することによるPR効果の測定の実施。

導入後の状況 (取組の効果)

  • 2019年10月7日(月)より13日間の実証実験を行い、約1300食を販売、利用客や通行人へ山口県の魅力を発信した

取組のポイント

サービスの認知度向上のための取組

  • プレスリリース配信
  • 購入者にパンフレットやカードを配布。

サービスの提供者(ホスト)・利用者(ゲスト)掘り起しのための取組

  • 「いつ」「どこに」「なんの」フードトラックが来ているのかがわかる「TLUNCHアプリ」に期間限定メニューとして掲載し、TLUNCHユーザーへの告知を行った

サービスの安全・安心を確保するための取組

  • 実証実験では、「TLUNCH」提携フードトラック事業者にメニュー開発・販売や、魅力アピールのための展示協力を依頼。本事業者は、「食を通して地域とつながる」というコンセプトのもとフードトラックを運営しており、今回の取り組みに合致したため。また、「TLUNCH」提携パートナーは、保健所が定める衛生基準を満たしており、当社が安全担保のために定める書類を提携時に提出済みであることから、安全・安心な事業者であることを保証済み。

残された課題、継続取組事項

  • 来年度以降、山口県に縁のある事業主を募り、経済的にも自走できるアンテナショップとして事業化できるスキームを検討予定。

連絡先

株式会社Mellow
広報
小関 真裕美
koseki@mellow.jp
03-6268-9331

関連情報

都道府県

連携シェアサービス