福岡市

  • 最終更新日:

基本情報

自治体名:福岡県福岡市
都道府県:福岡県
自治体規模:政令市
自治体HP:https://www.city.fukuoka.lg.jp

シェアリングエコノミー活用の取り組み

概要

【需給ひっ迫の解消】

駐車場シェアリングサービスと提携し、アビスパ福岡のゲーム開催時にスタジアムの市営臨時駐車場へ予約制導入。入庫時の混雑軽減や来場者の利便性向上に貢献。

取組主体:アビスパ福岡

導入前の状況 (課題)

  • J2クラブチームアビスパ福岡のホームゲーム開催時、スタジアムへの入庫待ちの車両で渋滞が発生。
  • 早い時間に行かないと、駐車場に停めることができないため、試合開始までかなり待つことが発生。

  • アイドリング状態での待機のため、環境に良くない。
  • 周辺道路の混雑を誘引し、近隣住民の住環境悪化。
  • 特に自動車で行きたい小さな子どもがいるファミリー層などは待機時間を懸念して気軽に応援に行けず。

周辺環境への悪影響、ファミリーファンの損失。

課題に対する取組

軒先Webページイメージ

  • 福岡市、アビスパ福岡、軒先パーキングが連携し、市営のスタジアム臨時駐車場へ予約制システムを導入。
  • 予約制導入に合わせてスタジアム近隣の未利用スペースも開拓。スタジアム以外の駐車スペースも確保。

導入後の状況 (取組の効果)

  • 予約制のため、利用者の入庫時間が分散。
  • 待ち時間がなくなった。

    入庫渋滞が緩和。
    アイドリング待機が無くなりエネルギーの無駄・環境への影響など抑制
    キックオフ直前に来場できるため、子供がいるファミリー層の来場促進に寄与。
  • 2018年4月より有料化(540円/台)。設備・システム等の費用は一切かけずに収益化に貢献。

取組のポイント

サービスの認知度向上のための取組

  • Jリーグ加盟のプロサッカークラブ「アビスパ福岡」が予約制駐車場シェアサービス「軒先パーキング」を運営する軒先株式会社と提携。アビスパ福岡ならびに軒先社WEBサイトやSNSで告知し認知拡大に寄与。
  • 軒先社において、レベルファイブスタジアム専用Webページを用意。アビスパ福岡サポーター以外の利用者への認知拡大に寄与。

サービスの提供者(ホスト)・利用者(ゲスト)掘り起しのための取組

  • 試合開始前、スタジアム電光掲示板で予約制駐車場を告知
  • 来場者へ予約制駐車場の告知チラシを配布。
  • アビスパ福岡WEBサイトならびにSNSにてサポーター向けに広報
    → 600台の募集に対し、初回は1週間で満車。3回目の実施時は予約受付開始後3時間でほぼ満車になる、など利用者が急拡大。

その他

  • 予約だけ取って当日来ない人の対策として、スマホのGPSを利用したチェックイン機能を搭載

残された課題、継続取組事項

  • 出庫は渋滞してしまうため、帰宅時間をずらす施策が必要。
  • 予約駐車場のさらなる拡大(650台⇒2,000台へ)。
  • 近隣未利用スペースのさらなる開拓。

連絡先

一般社団法人宮城インバウンドDMO
事務局長/マネージャー
山根 弘陽
info@miyagidmo.org
0224-87-8081

関連情報

都道府県

連携シェアサービス