協会主催イベント「リスクマネジメント勉強会(全4回)」開催 -第1回:事業会社を取り巻く反社会勢力・犯罪関連リスク-

協会主催イベント「リスクマネジメント勉強会(全4回)」開催 -第1回:事業会社を取り巻く反社会勢力・犯罪関連リスク-

一般社団法人シェアリングエコノミー協会では、会員様向けのイベントや勉強会を定期的に実施しております。

 

この度、リフィニティブ・ジャパン株式会社協力のもと、計4回に渡り体系的にリスクマネジメントを学ぶことができる「リスクマネジメント勉強会 -Presented by リフィニティブ・ジャパン株式会社-」を開催することとなりました。

 

9月から12月まで、毎月第3金曜日16時より各1時間、計4回に分け、後述のテーマで行います。

 

第1回は9/17 16時より、「事業会社を取り巻く反社会的勢力・犯罪関連リスク ~事例紹介とデータを用いた対策について~」をテーマに実施いたします。

 

主に法人会員様向けのイベントとなりますが、シェアリングシティ推進協議会の会員様もご視聴いただけます。

ぜひご参加をお待ちしております。

 

 ■開催概要

日時:毎月第3金曜日16時-(第1回は9月17日 16:00-17:00)

会場:オンライン(zoom)

申込方法:登録フォームにて事前申し込み

https://forms.gle/KCxCLuGwWhUh4qfUA

参加費:無料

参加対象:シェアリングエコノミー協会 会員、シェアリングシティ推進協議会 会員

 

■第1回リスクマネジメント勉強会

事業会社を取り巻く反社会的勢力・犯罪関連リスク

~事例紹介とデータを用いた対策について~

 

企業のコンプライアンス(法令順守)に対する視線は年々厳しくなっています。取引の可否を判断する際にも、反社や犯罪関連に該当しているかは大きな判断材料となります。特に、最近はSNSの広まりにより、反社との関係などの悪評判が一気に広まるリスクもあります。

ビジネスを活発化させる為にも、取引先企業、利用顧客個人のチェックは必須となっております。

全4回の中で初回となる今回は、反社会的勢力を始めとしたリスクを回避する為のデーターを利用した対策や、どのように事業と両立が可能かについてリフィニティブ・ジャパン株式会社 カスタマー&サードパーティデータ営業担当の乳原(うばら)が解説致します。

 

本勉強会の目的は、リスク管理の視点から参加企業様のビジネス推進上の一助となることを狙いとしています。

 

1.反社会的勢力、犯罪関連リスクとは

2.企業に求められる対策とは

3.実践的な対策について

4.Q&A

 

■登壇者

リフィニティブ・ジャパン株式会社 ソリューション営業部 リスク&コンプライアンス 乳原晶子様

 

==

当勉強会では、今後4回にわたって、リフィニティブ・ジャパン株式会社*より下記4つのポイントについて解説します。 次回以降もぜひご参加ください。

 

① 反社会的勢力、犯罪関連リスク(9月)

→反社会的勢力、犯罪関連リスクの内容と必要な対策、World Checkデータを活用した対策を紹介

②ESG対応(10月)

→サミットのテーマである「sustainable action」に触れ、事業継続性やバイサイドにおけるESG重視の風潮(事業者にとっての資金調達)について説明します

  • 上場を目指した体制づくり(11月)

→上場におけるプロセスや、その過程でつまづくことの1つであるコンプライアンス管理体制について、どの程度対策をとっていれば、上場がスムーズに進められそうかについて説明します

④ 海外進出や海外法人とのビジネス(12月)

→海外法人と取引を開始する際、新しい拠点を海外に開く際などに、どのような点に注意し調査すべきかを説明します

 

*リフィニティブ・ジャパン株式会社について 世界有数の金融データプロバイダーとして、190カ国で4万社超の企業・機関にサービスを提供。本人確認プロセスが厳格な国内の金融業界をはじめ、様々な業界で圧倒的シェアを誇る。160年の歴史を有するトムソン・ロイターのファイナンシャル&リスク事業を前身とし、2021年ロンドン証券取引所グループ(LSEG)のデータ&アナリティクス部門へ統合。