【9/8(水)10:00-11:30】シェアリングシティ推進協議会 2021年度第2回観光ワーキンググループ開催

【9/8(水)10:00-11:30】シェアリングシティ推進協議会 2021年度第2回観光ワーキンググループ開催

シェアリングシティ推進協議会では、奇数月に観光WGを開催しております。

2021年度観光ワーキンググループの内容について
(詳しくはこちらの資料をご覧ください)

コロナ禍も2年目に入り、観光地を取り巻く状況は大きく変化しております。
2021年度における本ワーキンググループは、そうした「社会環境の変化に地域はどう対応するべきか」について知見を深め、考える場として活用して頂ければと考えております。

特に、そうした社会環境の変化の中でも注目すべき3つのテーマ(ミレニアム世代・Z世代の価値観、多様性への対応、レジリエントな観光地)については、ゲストスピーカーを招いて議論の場を設定いたします。

2021年度第2回観光WGの案内

日時:9月8日(水) 10:00-11:30 

開催方法:オンライン(zoom)

※開催リンクは、本協議会からお送りしておりますメールまたは、シェアリングエコノミー協会からお送りしておりますメールマガジンをご確認ください。

テーマ:新型コロナウイルス感染症によって観光はどのように変わったか/これから変わるのか

スピーカー:岡田 悠偉人氏(ハワイ大学疫学専門家)

ハワイ大学疫学専門家。ハワイ大学公衆衛生学修士(疫学)。実地疫学者として、アフリカ・中東・アジアにて感染症対策・母子保健・医療施設調査を実施。現在はハワイ大学がんセンターにて疫学研究を行い、日米の病院や行政にて疫学システム導入を支援。新型コロナウイルス対策では、医療者向けオンライン講義を提供し、病院・企業・観光施設などに感染管理を導入した実績をもつ。

主な内容(仮):
①新型コロナに関連した日本の現状
・感染状況(現在、今後のシナリオ)、ワクチンの効果等
②新型コロナに関連したハワイの現状
・感染状況、観光の復活等
③新型コロナに関連した世界の現状
・感染状況、インバウンド再開(ワクチンパスポート等)
④今後の観光
・With/Afterコロナ、コロナ後の新しい観光体験の価値

参加者:自治体ボードメンバー(千葉市、神戸市、福岡市、釜石市、日南市、沖縄市、渋谷区、横瀬町)/ シェアリングシティ推進パートナー / シェアリングエコノミー協会事務局

シェアエコ協会 会員もオブザーバーとして参加可能です。

=======================================

シェアリングシティ協議会では、2021年より8つのワーキンググループを設置しイベントを開催いたします。

共助の仕組みによる持続可能性あるまちづくりを目指す自治体、企業様とともに、シェアリングエコノミーを社会を支える真のインフラとして社会実装していきます。

興味を持たれた企業様、自治体様の参加をお待ちしております。