シェアリングシティ認定について

ABOUT

シェアリングシティ宣⾔を⾏った⾃治体で、
以下の条件を満たす⾃治体に協会が認定マークを無償で授与します。

協会からの認定を受け自治体は「シェアリングシティ認定マーク」を、
広報活動の際、自由にご使用いただけます。

CERTIFICATION
REQUIREMENTS
シェアリングシティ認定要件

  • 01協会会員企業のシェアサービスを2つ以上導入している。
  • 02導入したシェアサービスの普及促進に向けた自治体主導による広報PRの実行
    ①自治体のHPに導線を用意
    ②自治体の広報誌等でアナウンス
    ③自治体主催による事業者と連携した導入サービスの勉強会実施

MERITシェアリングシティ認定のメリット

  • 01協会のHPやお知らせ、会員向けメルマガに掲載、MEETUPでもPR枠をご用意します。
  • 02認定した自治体のみが集まるMEET UP(自治体サミット)と交流会に2名まで参加可能です。
  • 03計画フォーマットを協会からご提供します。
  • 04協会のHPやお知らせ、協会ロゴがご利用できます。会員向けメルマガに掲載、MEETUPでもPR枠をご用意します。

CERTIFIED FLOW認定フロー

書類のご提出

シェアリングシティ認定申込書」を協会にご提出ください。

協会にて審査

協会より認定

認定マーク利用開始

協会より「シェアリングシティ認定マークデータ」をお送りします。

自治体ホームページへの掲載

自治体のホームページ上に、活用するシェアリングエコノミーサービスの紹介とサービス導線のご用意をお願いします。

年度末ごとの更新

更新の場合は新たに申込書をご提出ください。協会より新年度用の「シェアリングシティ認定マークデータ」をお送りします。